思い出のある写真を長く残しておきたいと考える人は多いでしょう。しかし、人生の節目に撮った大切な写真などがたくさんあると、保存の仕方で困ることはありませんか。自分の方法で大丈夫なのか不安があるという人は、この記事を読んで参考にしてください。

写真の上手な残し方

日光や湿気には要注意!最適な保存方法と保存場所とは?

写真はその時の記憶を蘇らせてくれる大切なものですが、保存状態が悪いと台無しになってしまう可能性があります。まず日光ですが、太陽の強力な光によって写真は色あせてしまいます。人間の肌は日焼けによって変…

大掃除の際にうっかりで捨てないために!中身が分かる外装にしておこう

現像した写真をまとめて保管している方は非常に多いです。箱にまとめて入れている人もいれば、袋に入れて保管している人もいます。写真を入れた当初は、写真を保管していることを覚えているのですが、時間が経過…

整理する時の事を考えるなら!年代やイベント別に分けて保存しよう

写真を上手に保管しておくためには、年代別にわけて整理しておくことがおすすめです。写真を年代別にわけておくことで、その年代の思い出をまとめて管理しておくことができます。その年代の自分の姿だったり、そ…

スライドショーや加工アプリが便利!紙の写真よりデータにして保存しよう

データにした方が自由度が高くなります

写真は楽しい思い出を形にして残せる手段です。家族の成長アルバムを作る家庭も世の中には多いです。アナログカメラやインスタントカメラなどで撮影した写真は、カメラ店に持ち込み、現像をしなければなりません。現像した家族写真や友達から印刷してもらった旅行写真などは、アルバムに入れて保存します。アナログ状態のままでも、写真は綺麗に保管出来ますが、パソコンやスマホに保存した方が、楽しみが倍増します。パソコンに保存すれば、フリーソフトでスライドショー作成が出来ます。スマホに保存しておけば、加工アプリを使って家族写真や旅行写真を可愛くデコレーションしたり、面白い機能を使って遊べます。データ化しておけば、大量の写真も管理しやすく保管場所も取りません。

アナログ写真をデータ化する方法とは

自宅のアルバムで保管しているアナログ写真をどうすればデジタル化できるのか、悩んでいる方々も多いかもしれません。方法はシンプルであり、パソコンとスキャナを利用するのがポピュラーです。スキャン機能がある複合機でもOKです。コピー機を使う要領で、スキャナや複合機にアナログ写真を取り込みます。すると元々はアナログ状態だった写真が、データ化されパソコン画面に表示されます。 解像度や写真の大きさ、そして保存先などを指定して、パソコンのハードディスクなどに保管すればOKです。データ化しておけば、加工や写真の修正も楽々ですし、コピーや印刷もお手軽です。デジタルフォトフレームにデータをコピーすれば、いつでも家族写真が見られます。家族の成長アルバムをスライドショー形式で表示する事もでき、家族はもちろん友達や来客にも自慢できます。

>

アルバムよりもキレイに残せるフォトブック