忘れた頃に見返したいなら?タイムカプセルの中に入れてしまっておこう

思い出の残し方はたくさん!

今までに起こった楽しいことや嬉しいことをしっかりと残すため、多くの人は写真を撮ります。たくさんの写真をアルバムにしたり、部屋に飾ったり…写真に撮った思い出は長い間、鮮明に残り続けます。しかし、写真にはもっと楽しめる保存方法があるのです。それが、タイムカプセルです。どんな入れ物でも構いません。写真が入る大きさの、蓋ができる入れ物を用意してください。そこに写真を入れて土に埋めるのです。

土に埋めるのですから、5年後、10年後と時間が経つにつれ、タイムカプセルの存在すら忘れてしまうでしょう。しかし、それで良いのです。「あ!そういえば!」そう気付いた時こそ、タイムカプセルを掘り起こすタイミングです!忘れていたことでワクワクが一層高まるでしょう!

一緒に入れよう!タイムカプセルに入れたいもの

タイムカプセルには、腐らないものならなんでも入れることができます。思い出のアクセサリー、CD、映画のチケット…同じ品でも、思い出の重さは人それぞれ違いますよね。そこで、あなたの心に深く残っている思い出の品を写真と一緒にタイムカプセルに詰めましょう。掘り起こした時の感動が増す、自分だけの思い出の品を見つけてください。

その他にも、「タイムカプセルを掘り起こした時の自分へ」などの手紙もおすすめです。自分に向けた手紙は、なかなか書く機会がありませんよね。そのため、多くの人は過去の自分がどうだったのか、時間の経過とともにだんだんと忘れてしまいます。しかし、タイムカプセルに自分宛ての手紙があれば、当時の自分を鮮明に思い出すことができるかもしれません。胸が踊るようなタイムカプセルを作りましょう!